表情筋を鍛えて目の下のクマを解消!

目の下のクマ

 

目の下にクマができていると落ち込みますよね…。老けて見られたり、不健康に見られたり。

 

加齢によって目の下にクマができることも多く、その場合は主に「たるみ」が原因です。

 

年を重ねると、顏がたるんでしまいますよね。頬などがたるむのは、筋肉の衰えが一原因です。

 

こうして顔がたるんでしまうと、黒いクマができやすくなってしまいます。目の下が黒っぽくなっているときは、顏の筋肉を鍛えるケアがおすすめです!

 

現代人は表情筋は衰えやすい?

 

表情筋は顔にある筋肉です。笑う・喜ぶなどの感情を表情に出すことで、表情筋が鍛えられます。

 

なので、普通の生活の中で、笑ったり人とコミュニケーションをとったり、食事をするなどの生活のシーンで自然と表情筋が鍛えられるはず。ですが、現代人は表情筋が衰えやすいとされています。

 

たとえば、食事をするにしても咀嚼回数が少なく、口角の筋肉が衰えたり、パソコンやスマホを常に使っていて、ひとりでいることが多いと無表情が続いて、表情筋がうまく鍛えられません。

 

これが、現代人は表情筋が衰えやすいと言われている背景です。また、加齢によっても筋力が低下して表情筋が衰えることがあります。

 

表情筋をうまく鍛える方法

 

表情筋が衰えて顔がたるむと、目の下にクマができやすくなるだけでなく、全体的にゆがんで老けた印象になってしまいます。

 

表情筋にもいろいろと種類がありますが、一番重要なのが口輪筋という口元にある筋肉です。ここをうまく鍛えられると、顔全体を引き締めていくことができます。

 

食べ物をよく噛んで食べたり、表情を表に出して人とコミュニケーションをとると、自然に表情筋が鍛えられてたるみが改善され、クマも解消できます。

 

また、表情筋をうまく使うストレッチ方法もあります。

 

こめかみに指2本をあてて、口を大きくあけて「イー」と声に出し、次は口をすぼめて「ウー」と声に出します。これを1セット5〜8回を繰り返すと、効果的に口輪筋が鍛えられてたるみの改善になります。