眼精疲労で目の下にクマができることも!

目の下のクマ
目の下のクマが目立つなぁ…と悩んでいる皆さん。原因を考えたことはありますか?
クマは解消できるトラブルですが、そのためには原因を知ることがとても大切です!
一般的に目の下にクマができる原因は、血行不良が有名ですよね。他にも、寝不足や疲れ、たるみやむくみ、色素沈着などなど。
クマができる原因として知られていないのが、「目のトラブル」です。
以前、ドライアイが目の下のクマと関係していることについて紹介しましたが、同じく目のトラブルの「眼精疲労」がクマの原因になることも…!

 

とくに青いクマは眼精疲労が原因かも!

眼精疲労で目の下にクマができることも!

目の下のクマにはいくつか種類があります。大きく分けて、黒いクマと茶色いクマ、そして青いクマです。それぞれ原因が異なり、その中でも青いクマは「血行不良」が原因と言われています。正常に血流が良ければ肌の血色はよく、クマもできません。

 

目の下はキレイな肌をしているはずです。ですが、血行が悪くなると、青い血管が浮き出るように目立つようになってしまいます。これが青いクマの根本的な原因です。

 

眼精疲労は、目が極端に疲れている状態で、目の周りにある筋肉などがこわばって働きが悪くなります。

 

これが血行不良を引き起こして、クマができやすくなります。つまり、血行不良を通して間接的に目の下にクマができてしまいます。

眼精疲労を防ぐためには?

眼精疲労で目の下にクマができることも!

目の下に青いクマができていて、眼精疲労の症状が伴う場合は眼精疲労を改善することでクマが解消されることもあります。まずは眼精疲労を防いだり軽減することから始めましょう。

 

そのためには、パソコンやスマホを長時間続けて使わないことです。長時間使うときは:また、目に良い栄養素を摂ることも大切です。たとえば、カシスなどがおすすめです。