目の下のクマは冷やさない方が良いはデマ!?

目の下のクマ

目の下にクマができる主な原因といえば、一般的に「血行不良」が知られています。
実際に血行不良になると栄養が行き届かなくなるなどの影響で、クマが目立つようになってしまいます。

 

血流が悪いときの対処法といったら、「温める」ですよね。たとえば、血行不良による冷え性や、目の疲れや肩こりなども温めることで改善されるとされています。

 

そのため、目の下のクマを改善するためには、「冷やさない方が良い」という話も。
ですが! これは実は間違っています。目の下のクマを改善していくためには、温めるのはもちろんですが、冷やすのも効果的なんです。

 

温熱と冷熱を交互に行うこと効果的!

目の下のクマは冷やさない方が良いはデマ!?

温めるケアを温熱、冷やすケアを冷熱といいます。どちらも、それぞれメリット・デメリットがあります。

 

温熱作用は血管が拡張しやすくなり血流が良くなります。冷熱作用は血管が収縮すると拡張しようとするためこれによって血流が良くなります。と、このようにどちらも血流を良くする効果があります。

 

デメリットというのは、やり過ぎた場合です。
たとえば、熱すぎる温度で温めたり、冷たすぎる温度で冷やしてしまうと、反対に血流が悪くなってしまいます。つまり、どちらにしても温度に注意が必要です。また、一方的に温熱や冷熱をするよりも、交互に行った方が効果的です。

 

適温の蒸タオルで目を閉じて目の上から乗せます。その後、冷たいタオルを目の上に乗せます。これを交互に繰り返すと血流が良くなり、肌が整いやすくなります。

 

しかもこれによって毛穴も引き締まるので、顔全体にタオルをかぶせるケアもおすすめです。このあとは肌が乾燥しやすくなるので、しっかり保湿ケアもプラスしてください。