目の下にクマができるのはドライアイのせいかも?

目の下のクマ
目の下にクマができる原因はいろいろとあります。血行不良であったり、加齢によるたるみやむくみ、色素沈着などなど。
その他にも原因はあり、肩こりや首のこりと関係しているように、実は意外と知られていないのですが、目のトラブルとクマも関係しています。
最近増えている「ドライアイ」が、目の下のクマの引き金になっていることも…!

 

ドライアイになる原因は?

目の下にクマができるのはドライアイのせいかも?

ドライアイは勘違いされやすいのですが、単純に目が乾いている症状ではありません。極端に目の潤いが失われて乾燥している状態で、軽い目のトラブルではありません。乾燥している以外にも、異物感や痛み、かすみ、かゆみなどの症状が併発することもあります。
このようなトラブルが、目の下にある皮膚にも影響がおよんでクマができてしまう仕組みになっています。ドライアイになる原因を対策することで、クマも同時に対策できます。

 

ドライアイの原因ですが、いくつかあります。たとえば、加齢や乾燥、長時間パソコンやスマホを使うこと、コンタクトレンズや喫煙、薬の影響などもあります。デスクワークが増えた現代では、ドライアイにかかる人も増えています。

ドライアイを改善する方法

目の下にクマができるのはドライアイのせいかも?

ドライアイからクマができてしまっている場合は、ドライアイの治療が最優先です!ドライアイは自然に治るものではなく、そのままにしておくと角膜などにも影響して、症状が重篤化するのみです。まずは眼科で検査を受けて、ドライアイと診断されたら治療を始めてください。

 

日常生活では、喫煙を控えるようにしましょう。タバコの煙が目にしみてドライアイになることもあるので。また、パソコンやスマホなどの長時間使用も控え、1時間に5〜10分は休息をとってください。
目のまわりをマッサージしたり体操をすると、筋肉がほぐれて目の疲れをとることができます。